シリアで拘束の安田純平はどうなった?なぜ?解放された理由

シリアで拘束の安田純平はどうなった?なぜ?解放された理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シリアで拘束されていた戦場ジャーナリスト安田純平氏が解放されました。そもそも武装勢力側の要求とは?身代金の額、ウマル・韓国人と名乗った理由、解放に至った経緯、世間の声などを紹介していきます。

 

安田純平とは

安田純平氏は、イラク戦争など中東を中心に活躍するフロージャーナリストです。2015年6月20日のツイッターの更新を最後に連絡が途絶えており、後日公開された映像によりシリアの武装勢力によって拘束されていることが判明しました。そんな彼が拘束から解放されたという報道が2018年10月に発表されました。

武装勢力側の要求

安田純平氏を拘束しているシリアのアルカイダ系組織グループの要求は”身代金”です。身代金は払わなかったら「安田純平氏を殺害する」か「他の武装勢力に引き渡す」と言っています。しかし、この身代金を政府に要求しているのか、家族に要求しているかは不明でした。

身代金の金額

当初は11億円もの要求でしたが、1億6000万円、5500万円といったようにどんどん要求額は下がっていったと見られています。

 

経緯

シリア内戦取材

2015年6月に、安田純平氏は内戦の取材のためシリアを訪れましたが、音信不通となり安否もわからない状況となりました。

 

拘束

2017年3月に、安田純平氏本人と見られる映像が公開され、生存していることが確認されたものの、武装勢力によって拘束されていることが判明しました。

 

映像

2018年7月にも映像が公開され、シリアで武装勢力から拘束されていた安田純平氏は、銃を首元に突きつけられ「とてもひどい環境にいます。いますぐ助けてください。」「ウマルです。韓国人です。」という映像が全世界に向けて公開され、世界中からの心配を集めました。

ウマルとは?

シリア現地でムスリムに改宗したことで与えられた戒名であるとのこと、安田氏本人で選んだようです。

なぜ韓国人と名乗った?

拘束されているのは安田氏以外にもいるのです。その「他に拘束されている人たちが解放された場合に、日本人がどこそこで拘束されているなどといった情報が広まってしまい正体がバレてしまうから」と安田氏本人が言っています。

 

解放

安田純平氏は2018年10月23日、トルコへ出国しているとの報道がありました。これは拘束から無事に解放された事を意味します。とはいえ、本人確認は未だできていないため、日本政府はトルコ・アンタクヤの入管施設にいると見られる安田純平氏の元を急いで駆けつけています。

なぜ解放に至ったのか

菅官房長官の記者会見によると「身代金は払っていない」と言っていますが、身代金も無しに3年以上もの拘束から解放されるのも不可解な点も多いため”カタールが身代金を支払った”とも言われています。とはいえ、カタールへの支援金という形で日本がお金を渡し、それを武装勢力に渡したという見解が有力視されています。また、交渉に関しては首相官邸を中心として「国際テロ情報収集ユニット」を結成し、トルコ、カタールの協力を仰いで解放にまで至ったとしています。

 

世間の声

安田純平氏は戦場ジャーナリストという職業であるため命の危険に関しては十分に理解した上で行動しているということ、拘束されるのは初めてではないということ(5回目)、日本政府からの退避命令に対して”チキン国家”と揶揄していたことなどから「自己責任である」との声が多いものの「助かって欲しい」との声も多いです。

 

2018年10月24日午後3時本人確認

気になる健康状態は?

河野外相いわく「一見すると、良いようだ」とのこと!

 

帰国の日時は?

河野外相いわく「なるべく早く帰国してもらう」とのことです!

 

2018年10月25日午後帰国

3年4ヶ月もの期間の拘束を経て、トルコから日本へ安田氏は帰国を果たしました。健康状態には問題なく、体調次第で記者会見も予定しているそうです。