チケット高額転売禁止法案はなぜ成立?罰則内容と期待されること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転売屋が儲かる時代が遂に終わる!チケット転売サイト・オークションにて公式販売価格より高額での販売は違法になる法案が成立します。背景にはオリンピックでの転売問題への対策がありました。

 

チケット転売問題

転売による利益を目的に業者や個人が一人あたり複数枚のチケットを買い占めることで、一般客が「正規のルートでチケットを入手することが難しく」なり、「高額な値段で販売される転売チケットを購入しないとチケットが手に入らない」という問題が、プロ野球やアーティストのライブ、芸人のライブなど各所で長い間発生していました。

すぐに売り切れ

転売業者が、組織的にチケットを大量に買い占めてしまうため、すぐにチケットが売り切れてしまいます。そのため「購入しようと思っても買えない。」という一般客が続出していました。

定価より高い価格

転売業者が買い占めたチケットは、通常価格に利益分を上乗せした価格で転売されます。例えば定価が8000円のチケットが、15000円などで転売されることになるので一般客の負担が大きくなってしまうのです。

利益が転売業社へ

そんな誰のためにもならない、迷惑極まりない行為を行う転売業社は「定価と転売価格の差額=利益」として儲けているのです。例えば、定価が8000円のチケットを、15000円などで転売した場合、差額7000円は利益として転売業社が儲かるのです。迷惑行為をしているのに儲けているのです。本来、チケットの利益は、ライブを行うアーティストや芸人などを中心とした”イベント主催側の関係者”に入るべきものです。

 

チケット転売問題が発生した背景

やはりインターネット上で簡単にチケットを購入することができたり、チケットを転売することができるようになったため、買い占めることも・転売することも簡単にできるようになったことが大きな原因として挙げられます。

 

転売がなぜダメなのか?

「安く仕入れて、高く売ること」は商売の基本です。しかし、なぜこの商売の基本通りになっている転売を法律で規制しようとしているのは何故なのでしょうか?規制するということは、転売=ダメなことであるという認識だからなのですが、転売は何故ダメなのでしょうか?

転売によりグッズ売り上げが減少

転売がなぜダメなのか?それはイベント主催側の人たちが損をしてしまうからですね。「転売屋が定価で仕入れいるんだから損にはならないでしょ?」と思われる方もいるかもしれませんが、それは正しい意見ではありません。何故かというと、イベント主催側はまず前提として「できるだけ安い費用でファンの人に見てもらいたい(チケットを買ってもらいたい)」と考えているので、チケットはできる限り安い価格での料金設定になっていることが多いです。そのため、イベント主催側が利益を生むためにはチケット代に加えて、グッズの売上などが必要になります。しかし、転売屋から高額になってしまったチケットを購入することでようやくコンサートに入場できたファンには、グッズを購入する余力はありません。こうしたファンが増えたことでグッズの売り上げが減少し、イベント主催側が利益を出すことが難しくなってしまったのです。チケット代が跳ね上がった分の利益はすべて転売屋の収益となるだけで、イベント主催側の利益は減少してしまうのです。こうしてイベント主催側に利益が生まれないと今度はイベントが開催されないことになり、ファンが待ち望むイベントがそもそも開催されず見ることができないといった悪循環に入っていってしまうのです。

 

チケット転売規制法が成立!

スポーツやコンサートの入場券の高額転売を規制する新しい法案が国会で成立する見通しとなりました。

チケット転売規制法の内容

『利益を得るための定価を超える金額でのチケット転売や、不正転売目的での譲り受けを禁止する。』

チケット転売規制法の罰則

違反者には懲役1年以下か罰金100万円以下の罰則が与えられます。

チケット転売規制法の成立はいつ?

具体的にいつからこの法案が適用されるのかはまだ確定していません。しかし、これまで問題視されながらも無視され続けていたチケット転売規制法が急に成立に向けて進められた要因に「2020年の東京オリンピック」があります。東京オリンピックでもきっと転売が横行することが予想され、それを防ぐために急ピッチで成立に向けて進められたという背景がありますので遅くとも東京オリンピックのチケットが販売開始される2019年春までには適用されると考えられています。

 

チケット転売規制法で期待されること

チケット転売規制法で「転売屋が撲滅される。」⇨「ファンが簡単に適切な価格でイベントを見ることができる。」⇨「本来利益を受けるべきイベント主催側に利益が入る。」⇨「イベントの回数が増えたり、イベントのよりクオリティが上がる。」⇨「より多くのファンがより楽しめる。」といった好循環が生まれていくことを期待しましょう。