西洋医学と東洋医学、漢方医学の違い

西洋医学と東洋医学、漢方医学の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風邪を治す時の方法として、ある人は冷やした方がいい、しかし、またある人は暖めた方がいいなんて言っていたりして、意見がバラバラで結局どうしたらいいのか分からないなんて経験された方も多いのではないでしょうか。その原因は、西洋医学と東洋医学、漢方医学の違いによるものかもしれません。

 

西洋医学とは

原因や理由を追求・調査して、その原因となる”悪い部分をやっつけて治す”という医学。理論に基づいた医学と言え、病気を手術や薬で治そうという考えは西洋医学的な考えと言えます。

西洋医学の例

  • 咳が出る⇨咳に効く薬を処方
  • 胃が痛い⇨胃を調べたらガンが見つかった⇨ガンを切除

 

東洋医学とは

体全体を元気にして”人間本来の治癒力を高めることで自分で治す”という医学。経験に基づいた医学と言え、針やお灸での治療や薬草によって体調を改善しようという考えは東洋医学的な考えと言えます。

東洋医学の例

  • 寒気がする⇨漢方飲んだら体が温まった
  • 肩こりが辛い⇨ツボにお灸をしたら楽になった

 

漢方医学とは

漢方医学は基本的には東洋医学と同じ医学を指します。しかし、それぞれの言葉が生まれたタイミング、背景が異なるだけです。江戸時代後期、オランダから医学が伝えられましたが、日本にはすでに奈良時代の頃から中国で使われていた医学がありました。このとき、新しく伝わったオランダ医学と、旧来用いた医学を分けるために、昔から日本にあった医学を”漢方医学”と呼ぶようになりました。

時代は下って、明治時代。西洋医学を学んだ者しか医者として認められなくなり漢方医学は衰退をしていましたが、この漢方医学をもう一度見直そうという動きが起こり、西洋医学の対になる言葉として”東方医学”と呼ばれるようにな ったのです。

 

西洋医学の方が東洋医学より良い?

「大事な体、健康や命に関わることなら、きちんと理論に基づいた西洋医学の方がいいじゃん」とお思いの方もいると思いますが、必ずしもそうであるとは私は思いません。私は使い分けが大事だと考えています。

西洋医学の特徴

西洋医学のメリット(良いところ)

  • 原因・理由がはっきりさせて治療を行うから安心
  • 原因に直接アプローチするから結果がハッキリでる

西洋医学のデメリット(悪いところ)

  • 様々な原因が合わさって原因が特定できない場合は治しにくい
  • 薬が効果が強いため、飲み過ぎに注意

 

東洋医学の特徴

東洋医学のメリット(良いところ)

  • 針(鍼)やお灸など体外からの治療が可能
  • 植物由来の薬草だから、摂りすぎても異常をきたすことはない
  • 原因がよく分からなくでも体を元気にすれば治ることがある

東洋医学のデメリット(悪いところ)

  • 同じ薬草でも産地や時期によって、成分にバラツキがあることがあり思った通りの結果が得られないことがある

 

病気を診るのか、病人を診るのか

西洋医学は病気を診る

頭痛を持っている患者に対しては、まずは頭部のレントゲンを撮ったり、首の頚椎に異常がないか調べます。これらに異常がなければいわゆる”偏頭痛”や、その他病名をもって処方箋が与えられます。原因を調べて、病名を特定して、その病気のための薬が与えられるわけです。

 

東洋医学は病人を診る

頭痛を持っている患者に対しては、頭痛以外の症状を尋ねます。頭痛の他にどんな症状があるのか、どんな体質なのかを確認して、総合的に体を治していくというアプローチをします。部分的に治療する西洋医学とは反対に、全体的に治そうとするのが東洋医学なのです。どんな病名なのか、なんていう病気なのかを追求するのではなく、その患者がどんな体質・症状を持っているのか、そしてその全体を治していくことを目指していくのです。