斎藤工が吉本東京NSC23期生で覆面芸!R1にも挑戦していた!

斎藤工が吉本東京NSC23期生で覆面芸!R1にも挑戦していた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

indeedの実写ワンピースCMでルフィ役として話題を集めている斎藤工ですが、吉本興業の東京NSC23期生として芸を学んだり、覆面芸でR-1グランプリにも挑戦していたそうです!

 

indeedの実写ワンピースCM・斎藤工はルフィ

大手求人メディアのindeedが、ワンピースの実写版をイメージしたCMを発表しました。ルフィ役は斎藤工、ナミ役に泉里香、ゾロ役に池内博之、サンジ役に窪塚洋介、ウソップ役に千鳥の大吾とかなり再現度が高く満足感の実写化に成功していると話題です。

 

indeedの実写ワンピースCM

おおぉ、かっこいいCM!ナミ、めちゃめちゃグラマラス!!ゾロ完成度高っっ!!サンジ窪塚洋介っぽくない、、眉毛のせい?チョッパーデカ!!リアル感半端ない!!ウソップはなんで大吾??

と、何かと話題になりそうなものがたくさん盛り込まれているCMですね。照明に、特殊メイク、美術、サウンドどれをとっても完成度の高さが半端ないですね!

斎藤工が、東京吉本NSC23期生?

そんな斎藤工ですが、吉本興業の芸人養成学校である東京NSCに通っていたそうです。きっと芸人を目指しているというよりは、お笑いを磨いて俳優としての幅を広げたいというのが目的ではあると思いますが、「笑ってはいけない」でサンシャイン池崎の完コピが日本中に大きなインパクトを残したこと踏まえると”笑いの力”を追求したくなるのもうなずけますよね。

しかも謎の覆面芸人として匿名で!

しかも覆面を被って斎藤工であるということを伏せて通っていたそうです。俳優が冷やかしで芸人の学校に通っているなんて思われたくない、ネームバリューなしで芸の実力を磨きたいというストイックさ、熱意が感じられますよね。

ストリートパフォーマンスも!

路上でコントを披露するストリートパフォーマンスも行なっていたそうです。よくミュージシャンの卵が路上ライブやっていて友達との待ち合わせがてら足を止めるなんて事はよくありますが、芸人のコントライブを路上やっているってあんま見ないですよね?まして謎の覆面芸人が路上コントやってるわけですから、ほとんどコントを見てくれる人はいなかったそうです。

R-1グランプリにも挑戦!

な、なんとピン芸人の日本一を決める大会R-1グランプリにも挑戦したそうです。もちろん覆面をして斎藤工の名前は伏せていたそうです。しかし、結果は一回戦敗退。。お笑いの難しさを痛感されたのかもしれませんが、斎藤工は難しいことこそ挑戦し、その先に新しい景色が待っている、、、といった高くてストイックな意識を持っていそうですよね!