おすすめの空調服ランキング!口コミ、売れ筋もあわせて紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの空調服ランキングを紹介します。そもそも空調服ってどんな仕組みなのか、口コミ、売れ筋もあわせて紹介していきます。

 

空調服とは

屋外の工事現場などで作業員が着用する”電動ファン付きの作業服”のことです。

 

空調服がバカ売れ!

連日猛暑日の2018年の夏。熱中症対策として、空調服を導入する企業が増加しています。現場作業員は半袖だと肌が露出し過ぎてしまい怪我に繋がる可能性が非常に高いため長袖を着ないといけないため、暑さ対策が長年の課題だったのです。

 

空調服はなぜ涼しいのか

そもそも人が涼しさを感じるメカニズム

空調服で涼しさを感じられるのは科学的な根拠に基づいています。そもそも人が涼しさを感じる時というのはどんな時かという話から説明します。キーワードは”気化熱”です。人は暑さを感じると汗をかきます。そしてその汗が蒸発するときに周辺から熱を吸収することで体温が下がり涼しさを感じるのです。この汗が蒸発したときに周囲から吸収される熱のことを”気化熱”と言います。汗をほっといたら冷えてしまった経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。あの現象を応用しているのです。

空調服の仕組み

一般的な空調服は、軽量のバッテリーが服の内部に入っており、そのバッテリーを電源として薄型の扇風機のような機械(電動ファン)が動きます。

この電動ファンが”空気の流れ”を生み、急速な汗の蒸発を促して気化熱を増大させるため、涼しさが感じられるのです。

 

空調服の使い方

空調服は「空調服の仕組み」の項で説明した通り、汗の蒸発に伴う体温低下”気化熱”を利用しているので、空調服の下に着る下着も専用のものをオススメします。空調服用の下着(インナー)を使用すると効果が増大します。専用の下着じゃなくても吸水速乾タイプのインナーを着用するようにしましょう。

 

空調服の利用者の口コミ

「気温が20度代だと寒さを感じるくらいの効果」

「使ってない人は鼻で笑うかもしれないけど、使えば分かる」

「着てみると世界が変わる」

 

オススメの空調服

1. BURTLEの空調服

スタイリッシュなデザインと耐久性で評判です。しかし、Amazonで購入する場合には「空調服」と「バッテリー」「電動ファン」が別売りの可能性があるので注意してください。価格は「空調服」「バッテリー」「電動ファン」を全て揃えて2万4000円くらいです。

 

2. U-styleの空調服

機能性に関しては安定したパフォーマンスで問題なし。デメリットを挙げるとしたらコットン製のため、洗濯するとシワが目立つことでしょうか。こちらもAmzonで購入する場合には、電動ファンやバッテリーが付いていないものもあるので注意。

 

3. その他の空調服+BURTLE

空調服に関しては様々なモデルがありますが、印象・口コミから考えると電動ファンやバッテリーに関しては「BURTLE(バートル)製」のものを使うと間違いなさそうです。

 

その他の現場作業員のための熱中症対策グッズ

人間エアコン(水冷式おん作業服)

空調服のように”空気”で冷やすのではなく、”水”で冷やすタイプです。原理としてはエアコンと同じのため、価格が高いというのがデメリットです。

 

空調ヘルメット

身体ではなく、頭部を冷やすためのアイテムです。原理は空調服と同じです。