寝すぎて頭が痛い、吐き気がする時の治し方と解消・対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

休日など寝すぎで頭痛や吐き気を感じることがあります。バファリンやこめかみのツボ押しを行うなどで対処されている方も多いと思います。原因・理由を知り、即効で解消する治し方・対処法を紹介していきます。

 

寝すぎで起こる症状

頭痛

寝すぎによる頭痛が起こるタイミングは、起きた後すぐだったり、起きてしばらく活動してからだったりバラバラです。しかし、症状としては「鈍い鈍痛」「心臓の鼓動・脈に合わせるように頭痛を感じる」「頭を振ると頭痛を感じる」といったもの。

吐き気

寝すぎで吐き気だけを感じることはあまりありません。頭痛がひどいと、合わせて吐き気の症状を伴うことが多いです。吐き気といっても、寝すぎによる吐き気で実際にゲロっちゃうことはあまりないでしょう。なんだか気分が優れない、気分が悪いといった感じでしょう。

 

寝すぎで頭痛や吐き気が起きる原因

寝すぎるとセロトニン出まくる

人は本来、寝ると「セロトニン」という脳内物質が分泌されます。このセロトニンは日中など活動している時に分泌されるアドレナリンやドーパミンを抑制する働きがあります。この働きによって、血管が収縮されて脳や身体の休息が促され、リラックスすることができるのです。しかし、寝すぎるとセロトニンが脳内に大量に出過ぎることになります。

起きた時にはアドレナリンが出まくる

すると、今度は起きた時に問題が発生します。出過ぎたセロトニンを調整しようとアドレナリンなどの脳内物質が大量に分泌されることになります。

三叉(さんさ)神経を圧迫する

こうなると血管が拡張され、拡張するときに頭部の血管の周辺にある大きな神経(三叉神経)を圧迫することになり、この圧迫の刺激が頭痛や吐き気の症状をもたらすのです。特に仕事が休みの日には、緊張感が緩和されることでより一層、セロトニンの分泌が促され、血管が拡張しやすくこれらの症状を感じやすいと言われています。

 

寝すぎの頭痛の対処法

カフェイン

要は血管を拡張を抑えればいいのです。「カフェイン」は血管を収縮する作用がありますので、コーヒーや紅茶、緑茶などカフェインを含んだ飲み物を飲むことで頭痛の症状を抑えることができます。

ツボ

頭痛に効くツボとして効果的なのは「百会」や「風池」です。百会は頭の頂上付近で、見つけ方としては”左右の耳の穴”と”鼻”を結んだ位置が百会です。もう一つ、首から後頭部にかけて大きな2本の筋が触れると思いますが、その筋の先端の部分で耳の後ろあたりです。それが風池です。

 

寝すぎの頭痛の治し方

広がってしまっている血管を収縮するために、冷やすことが効果的です。保冷剤や氷水を入れた袋などで「後頭部」や「額」を冷やしましょう。

寝すぎの頭痛を速攻で治す方法

薬です。とはいえ、半分は優しさでできている「バファリン」です。これ飲んで25分もすれば全快します。もう笑っちゃうくらいにすぐに治ります。

僕はプレミアム派ですが、ノーマルバファリンでも十分でしょう。

予防

「せっかくの休日だからできるだけ寝たい」という気持ちとても分かりますが、それが血管を拡張を引き起こし頭痛・吐き気へと繋がります。休日とはいえ、平日の起床時間のプラス1時間くらいの朝寝坊にとどめておくことで頭痛・吐き気を予防することができます。せっかくの休日を頭痛でブルーな気分で過ごすことにならないためにも気をつけましょう。

みんなは休日どれだけ寝ているのか

平均すると、「平日よりも1.8時間長く寝ている」というデータがあります。

 

最後に

寝すぎて頭痛いなんてなんて愚かなこと。。って分かっていてもついついやっちゃいますよね、、睡眠は大事です。寝れる時には寝ましょう!頭痛くなったらバファリンがいるんですから心配ないない!^^