電子タバコmyblu:マイブルーの魅力・おすすめポイント

電子タバコmyblu:マイブルーの魅力・おすすめポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単禁煙!ニコチン・タールが入っていない電子タバコ「myblu(マイブルー)」とは?から加熱式タバコと電子タバコは違い、魅力・おすすめポイント等を紹介していきます。

 

加熱式タバコと電子タバコは違うもの!?

混同している人は多いですが「加熱式タバコ」と「電子タバコ」は違うものです。

加熱式タバコとは

タバコの葉を燃焼させずに”加熱”によって水蒸気を発生させるタイプのタバコです。

電子タバコとは

味や香りのついた特殊な液体を熱で気化させるタイプのタバコです。

 

香りを楽しむ電子タバコmybluとは?

世界的に電子タバコ市場をリードする「blu」が販売した電子タバコ「myblu(マイブルー)」がいま大人気です。

ニコチン・タールは入っていない

mybluのリキットポッドにはニコチン・タールが含まれていません。香りや風味を楽しむ電子タバコです。

mybluはどこで買える?

現在は専門オンラインショップか、東京・大阪のファミリーマートとローソンで購入することができます。

mybluの料金・値段

mybluのスターターセットは2700円です。スターターセットには、「myblu本体」と「充電用microUSBケーブル」「リキッドポッド(メンソール味)」が同梱されています。

 

mybluの使い方

①本体を充電する

まずはmyblu本体と充電用microUSBケーブルを接続してコンセントに差し込み充電します。

②リキットポッドをセット

充電をしたら、myblu本体にリキッドポッドを差し込みましょう。

③吸引

吸引しましょう。本体に電源ボタンはなく、吸引することで自動で電源がONになり、吸引を辞めると自動でOFFになります。

 

mybluの魅力・おすすめポイント

充電がめっちゃ持つ

なんとおよそ20分の充電で1日持つと言われています。めっちゃ持ちますよね。

リキッドポッド1つで300回吸引可能!

リキッドポッド1つでおよそ300回分の吸引ができます。紙巻きたばこは1箱20本入りで、1本あたり平均10回吸引するそうなので200吸引となります。

いつ吸い終えても無駄が出ない

吸引数だけでも1.5倍お得ですし、紙巻きたばこは時間が無い時など5、6吸で灰皿に落としてしまうことも多いと思います。が、mybluなら吸いたい時に吸いたいだけ吸えます。まだ紙巻きたばこや加熱式たばこのように”まだ吸えるのに捨ててしまうという無駄”は発生しません。

チャージが要らない

充電さえ残っていれば、アイコスなどの加熱式たばこみたいにチャージする必要もありません。

とにかく安い!

mybluは本体セットが2700円ですし、リキットポッドも2つセット920円です。長期的に見れば紙巻きたばこや加熱式たばこより断然安く抑えられます。

 

mybluは禁煙・節煙したい方にオススメ!

ニコチンやタールなど依存性がある物質が入っていないので、mybluを吸っていても禁煙になります!

禁煙できない・失敗する理由

タバコミュニケーションで吸っちゃう

タバコは喫煙所で普段話せない人と話せたりするから辞めれないという人も中にはいます。付き合いでタバコを吸ったりするのも楽しかったりしますからね。mybluならこうしたタバコミュニケーションの場や付き合いを断ることなく使用して禁煙をすることができます。

休憩がてらの切り替えで吸っちゃう

タバコを節目節目に挟み込んで吸っていた人にとって、禁煙中は節目から節目に切り替わるスイッチがなくなってしまった気分になり落ち着かなくなってしまいます。mybluなら気持ちの切り替えとして使っても禁煙になります。

手グセで吸っちゃう

手グセでついついタバコを吸ってしまう人いるかと思いますが、mybluならタバコのように吸うことができるので手グセを克服することなく、禁煙することができます。