コバエを撃退せよ!めんつゆと洗剤と◯◯で簡単に駆除できる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏に大量の卵とさなぎで大繁殖する気持ち悪い小蝿(コバエ)。今回はコバエの種類や見分け方、めんつゆと洗剤とビールで簡単に駆除できるコバエホイホイトラップの作り方を紹介していきます。

 

コバエとは

水回りなどの湿気が多いところや腐った食べ物に大量の卵を産み付けて繁殖する小さなハエです。夏は湿気が生まれやすく食べ物を腐らせやすいため、コバエが大繁殖するシーズンと言えます。

 

コバエの種類と見分け方

「ショウジョウバエ」

体が黄色っぽかったら、この種類のハエです。

 

「チョウバエ」

トイレでよく見かけるハエで、羽が大きく、背中から見るとハート型に見えなくもないハエです。

 

「ノミバエ」

体が小さくて黒っぽく、動きが速いのが特徴です。

 

お手軽!簡単!コバエホイホイの作り方

用意するもの

  • めんつゆ
  • 食器を洗う洗剤
  • ビール
  • 容器(卵ケースなど、液体がこぼれないもの)

 

まずはめんつゆを準備します。

次に、食器を洗うときに使う洗剤を準備しましょう。

卵ケースなど、液体がこぼれず使い捨てできる容器に、めんつゆを入れて、洗剤を5滴ほど入れます。

さらに、ここにビールを数滴(缶ビールの底にある数滴の飲み残しでもOK)垂らしたら完成!

このコバエホイホイですが、小蝿が近寄ってきて騙されるまでに時間がかかる場合があります。2、3日は放置しておく必要があります。

 

もっと早くコバエを撃退したい場合

バルサンを使用しましょう!

バルサンとは、部屋中に殺虫剤を噴射する商品です。バルサンにも種類があるので、それぞれの環境に適したバルサンを選択しましょう。

バルサンの赤と黒の違い

バルサンのは強力タイプで、ゴキブリなど抵抗力の高い害虫を駆除するのに適しています。一方で、バルサンのは、黒に比べて威力は弱まりますが、ゴキブリの他にもダニやノミにも効果があります。どちらもコバエにも効きます。

 

バルサンの煙・霧・水タイプって何が違うの?

バルサンには赤や黒の違いの他に、煙や霧、水といったタイプに分かれます。それぞれの違いは何かというと、まず煙タイプは部屋の隅々まで広がってくれます。しかし、火災報知器が反応してしまう可能性があるのでビニール袋で保護する必要があります。そして水タイプはバルサンの”臭い”が嫌いな方向けです。煙が噴射するので部屋の隅々まで行き渡ります。最後に霧タイプですが火災報知器には反応しないのでビニール袋で保護する手間が省けます。ガス報知器には反応する可能性があるので注意してください。

 

バルサンの問題点

バルサンは、成虫となって羽ばたけるようになったコバエにしか効果がありません!!厚いガードに覆われた卵や蛹(さなぎ)には効かない可能性があるのです。

コバエの卵・さなぎは熱に弱い!

コバエの卵・さなぎは熱に弱いので、卵や蛹(さなぎ)を発見したら、そのあたり一面に熱湯をかけましょう。しばらくしたらそこを雑巾でふいて、雑巾ごとゴミ袋に包んでそのままゴミ捨て場まで持って行ってしまいましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加