五月天(メイデイ)2018年武道館ライブチケット完売!?

五月天(メイデイ)2018年武道館ライブチケット完売!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年5月に日本武道館で2夜連続のライブを行う台湾発のロックポップバンド「五月天(メイデイ)」。メイデイはどんなバンドなのか?どんな楽曲なのか?紹介します!

 

五月天(メイデイ)とは

台湾のロックバンド。1997年に結成し、2001年、2004年、2009年と2012年と次々に中国でミュージカルグループに贈られる「ゴールデンメロディ賞」を受賞しました。中国メディアは五月天(メイデイ)を「中国のビートルズ」と呼ぶほど、その人気と実力を評価しています。

ボーカルで曲作りも担当しているアシンが紡いだ、夢や初恋、友だち、学生生活、人生、家族などをテーマにした楽曲をまっすぐで優しい声で歌い上げ、ライブ中に涙を流してしまうファンも多いようです。主に20〜30代のファンが多いようです。

 

メンバー

  • モンスター (怪獸)
    リーダー。ギター。1976年11月28日生まれ
  • アシン (阿信)
    ボーカル。1975年12月6日生まれ
  • ストーン (石頭)
    ギター。1975年12月11日生まれ
  • マサ (瑪莎)
    ベース。1977年4月25日生まれ
  • グアンヨウ (冠佑)
    ドラマー。1973年7月28日生まれ

 

高校の友人同士で結成され、20年もの間近くにいるメンバーで家族のような雰囲気すら感じられるほど仲良しのようです。

 

メイデイの音楽

”10代の頃に経験する爽やかで甘酸っぱい恋愛”や”元気がでる応援ソング”が多く、繊細で美しいメロディーに乗せて、誰もが青春時代に経験するような”葛藤”や”心の変化”を捉えた歌詞が歌いあげられます。

 

メイデイの曲作り

曲作りに関してですが、以前はボーカルのアシンがほとんどの楽曲を製作していましたが、2003年リリースのアルバム「タイムマシン」で5人全員が楽曲制作に携わるように変化していき、いい意味でメンバー内での競争が生まれたそうです。

 

メイデイのミュージックビデオ

メイデイが人気を獲得しているのは、楽曲だけではありません。そのミュージックビデオにも強くこだわり、メイデイメンバーの考えや思い、環境が強く反映されています。

 

”アジアコンサートの王様”の異名

メイデイのコンサートは大人気で、激しく、熱く、涙!のパフォーマンスが展開されます。2017年から続いているワールドツアーでは、香港では10万人、北京では20万人、台湾・高雄でも20万人、台湾・桃園では25万人を動員するなど、桁違いの人気を獲得しています。2017年に開催された公演だけで、既に累計100万人を超える動員を実現しました。これはアジア記録となり今なお記録を更新中です。

 

最後に

日本では、武道館で2018/5/19(土)、5/20(日)にライブが行われますが、2018年5月5日時点でまだ若干のチケットの余りがあるようなので、気になる方はぜひこの機会に足を運んで、生メイデイを感じて見てはいかがでしょうか??ちなみに私の好きなの曲は「恋愛ing」です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加