なぜ?マツコ・デラックスが死亡と検索される理由。デマ!?

なぜ?マツコ・デラックスが死亡と検索される理由。デマ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「マツコ・デラックス 死亡」と検索されるのはなぜか?その理由を紹介していきます。

 

テレビ番組「無理矢理、マツコ。」

かつて放送されたテレビ東京の番組「無理矢理、マツコ。」で、マツコがやりたい5つの企画をテレビ番組として放送しようというプロジェクトの4つ目として「マツコ、昨日死んだってよ。」が放送されました。

司会は滝藤賢一、ナレーターは有働由美子、友人としてYOUやミッツマングローブ、ふかわりょう、福山雅治などのコメント・弔電も寄せられ、かなり豪華な放送となりました。

 

マツコ・デラックス入院

とはいえ、マツコの健康状態は決して良好ということではなく、死を覚悟するほどの入院も経験しています。

ある日、トイレで大便をしていたマツコは用を済ませ立ち上がろうとするも、視界がぐるぐる回ったような目眩を感じ思うように立てなかったそうです。このとき、マツコは「この世が終わった。」「もういいや、死のう。」「フルチンだけど、もういい。関係ない。」などと考えたそうです。しかし、死を決意してから30分経過しても、まだ生きていたため、壁づたいに立ち上がって便所から脱出し、病院に電話しました。

しかし、検査の結果は「脳に異常はない。」ということから明確な原因は判明しなかったそうです。

 

マツコの仕事観・死生観・人生観・生きる意味とは?

「生きている実感」や「生きている価値」を感じるには、社会貢献をしたり誰かの役にたつことで感じることができる。その満足感を得るために最も近道なのは仕事をすること。自分の欲求のままに動いて遊んでいるだけでは得られない生の実感・意味・価値を感じることができる。年齢を重ねるとこの満足感がないと惨めに思えてきてしまい、いざという時に絶望してしまうから、働くことが絶対に正しいわけではないけれど、将来に絶望しないためにも未来に繋がる何かをやっておくことは大切。

その他の参考記事:釜愚痴ホモ恵の所属する名古屋のゲイバー「NAN☆NAN」