五月天(メイデイ)のアシンが紡ぐおすすめ歌詞 part2

五月天(メイデイ)のアシンが紡ぐおすすめ歌詞 part2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五月天(メイデイ)のアシンが紡ぐおすすめ歌詞に続いて、今回の記事でもアシン作詞のおすすめの歌詞を紹介していきます。

大好評につき、Part2として五月天(メイデイ)のアシンが書いたおすすめの歌詞を紹介していきます。哲学的、抽象的な歌詞に注目です。今回は「九号球」「生命有一种绝对」「一颗苹果」「憨人」「孙悟空」「我心中尚未崩坏的地方」「如烟」「春天的呐喊」から抜粋しています。

 

五月天(メイデイ)のおすすめ歌詞 part2 written by Ashin

九号球(:ビリヤードの9ボール)

也许我这一杆,又没办法进球,就像我的生活,一直在出差错。也许我这一生,始终在追逐那颗九号球,却忘了是谁在爱我,却忘了是谁在罩着我

もしかしたらこのショットでも また入れることができないかもしれない 僕の人生のように ずっと失敗している もしかしたらこの人生でも ずっと9番ボールを追い続けるのかもしれない もう愛してくれる人を忘れてしまったよ もうかばってくれる人を忘れてしまったよ

 

生命有一种绝对(:生命が持つ絶対的なこと)

想要征服的世界,始终都没有改变,那地上无声蒸发我的泪。黑暗中期待光线,生命有一种绝对。等待我、请等待我,直到约定融化成笑颜,直到我看见生命的绝对

征服したいこの世界は 今でも変わらない 僕の涙は地面で乾いた 暗闇の中で光を待っている 生命にはある確実なものを持っている 待ってくれ お願いだから 約束が溶けて笑顔に変わるまでは

 

一颗苹果(:小さなリンゴ)

经过了漫长的等候,梦想是梦想,我还是一个我。那时间忘记挽留最美时候,不经意匆匆的放过。曾经想拥抱的彩虹,盛开的花朵和那纯真的笑容。突然有风吹过,那一转眼只剩我。我不懂人世间的那些愁,它为什麼要缠著我,到底这会是谁的错,还是我不放手

長い間待ったけど 夢は夢のままで 僕は僕のまま あの時は最高に美しい時だと忘れていて 間違って手放してしまった かつて抱きしめたかった虹 咲き誇る花と無邪気な笑顔 突然風が吹いて僕はここに1人 不安が僕をどうして苦しめるのかは分からないけど 誰のせいだったのだろう 僕はもう放さない

 

憨人(:バカなやつ)

面對我的夢,甘願來作憨人

夢に向き合っていれば バカなやつでいいんだ

 

孙悟空(:そん ごくう)

如果能有一天,再一次重返光荣,记得找我、我的好朋友

もう一度栄光を探し求める時 僕を忘れないで 親友よ

 

我心中尚未崩坏的地方(:まだ心にある壊れていない部分)

就算会有一天,没人与我合唱,至少在我的心中,还有个尚未崩坏的地方

誰も僕と歌ってくれない日があっても 少なからず僕の心には 壊れない部分があるんだ

 

如烟(:煙のように)

有没有那麽一个明天,重头活一遍,让我再次感受曾挥霍的昨天,无论生存或生活我都不浪费,不让故事这麽的后悔

再び生きることができる明日はあるのだろうか もう一度感じてみよう無駄に過ごした昨日を 生きている限り無駄にはしない 後悔の物語にしてはいけない

 

春天的呐喊(:春の叫び)

不想再当模范,不想要再当乖乖牌。我只想摇摆,我只想旋转,我只想阂到腿软

もう見本にはなりたくない もう何にも従いたくない ターンを スピンを 足がふらふらになるまでやるんだ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加