ライオン社が舌を撮影して口臭判定を行う新アプリをリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライオン株式会社が機械学習技術を活用して、舌をパシャっと撮影するだけで口臭判定を行う新アプリを開発・リリースすることを発表しました。

 

ライオン株式会社とは

石鹸や洗剤、歯磨き粉を手がける化学品メーカーです。競合企業となる花王には歯磨き粉以外ではトップシェアを占有されている状況ではありますが、手がけるあらゆる分野で花王に次ぐシュアを獲得しています。株式会社インサイトテックの協力の元、舌を撮影するだけで口臭判定ができるというアプリを2019年にサービス開始を計画しています。

 

株式会社インサイトテックとは

不満買取センターで集めた膨大な量の”一般生活者の声”を保有しており、人工知能により”潜在的な不満・課題”の抽出を得意とする企業です。ライオン株式会社との口臭判定アプリ開発においては、不満買取センターで集まったデータを分析すると「自分の口臭に対して不満というよりは、他者に対して口が臭うことを気づいて欲しい」という不満があることが分かったのです。

不満買取センターとは

スマホアプリ「不満買取センター」やパソコンからもインターネットでWebサイト「不満買取センター」にて、”あなたが持っている不満を売る”ことができます。不満に応じて、ポイントが付与されてそのポイントが500ポイントまで貯めると「Amazonギフトカード」と交換できるというサービスです。

 

口臭判定アプリ

口臭判定アプリの特徴

  • スマホカメラで撮影するだけですぐに口臭チェックができる
  • 舌が”どんな状態か”によって口臭がどれだけあるかを判定
  • AI(人工知能)が口臭を3段階で判定
  • 継続的に判定を行えばグラフ化され口臭状況が”見える化”

 

口臭判定アプリのリリース日

口臭判定アプリのリリースは2019年を予定しております。