ブラジルで人気の特撮!巨獣特捜ジャスピオンが人気の理由・魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「巨獣特捜ジャスピオン」がブラジルで高視聴率記録を叩き出すほどの大人気の理由とその魅力について紹介していきます。どんな特撮なのか、ブラジルでの大人気について、出演キャスト、主演の黒崎輝、映画化などについて紹介していきます。

 

巨獣特捜ジャスピオンとは?

1985年にスタートした特撮ドラマ。日本での人気は今ひとつでしたが、ブラジルで社会現象になるほどの圧倒的人気を誇りました。

 

巨獣特捜ジャスピオンの原作

原作は、八手三郎とあります。「やつで さぶろう」、「やって さぶろう」と読みます。

八手三郎とはどんな人物?

八手三郎は、いわゆる”戦隊モノ”の数多くの主題歌を作詞していることで有名です。

八手三郎の正体

八手三郎という人物は存在しません。実は、”八手三郎”というのは仮面ライダーシリーズを手がけたプロデューサー「平山亨」のペンネームでした。現在でもそのペンネームが引き継がれ、今となっては”東映映像本部のプロデューサーを中心に構成された8人前後の集団”のことを指しているそうです。構成メンバーは毎年変わるほど流動的なようです。

 

巨獣特捜ジャスピオンの出演キャスト

黒崎輝

クロサキヒカルは、ジャスピオン役です。アフロヘアーが特徴的で、陽気でお調子者、可愛い子好き。

塚田聖見

ツカダサトミは、アンリ役です。アンリは、エジンによって作られたアンドロイドでジャスピオンの旅のお供を務めます。基本的に行動は人工頭脳にインプットされている通りに動きます。ショックを受けると動作が停止しますが、口元に電流を流すと再び動作します。

仲谷昇

ナカヤノボルは、エジン役です。親と死別したジャスピオンの育ての親。魔法使いのような風貌。

 

巨獣特捜ジャスピオンのストーリー

エジンという長老が「古代銀河バイブル」という予言の書を持っており、そこには「伝説の魔神サタンゴースが蘇って、銀河宇宙が巨獣たちによって滅びてしまう」と書かれていた。その予言通りにサタンゴースや巨獣たちが溢れかえったため、主人公ジャスピオンは「魔獣をやっつけ、サタンゴースを倒すのじゃ」とエジンに命じられるところから話は始まります。ジャスピオンとアンリ、そして旅先で中身になる珍獣ミーヤはサタンゴースや巨獣たちを倒す宇宙の旅に出るのだが、魔神サタンゴースは巨獣を凶暴にする魔力を持っており、ジャスピオンの行く手を阻むのであった。

 

ジャスピオンの戦い方

弱い相手には

ジャスピオンは雑魚キャラに対しては生身の人間のまま戦います

強い相手には

相手が巨獣など手強くなると”メタルテックスーツ”という強化服を装着して戦います(変身)

戦闘開始すると

”ブレーザーソード”という剣や”ビームスキャナーガン”という銃を武器に戦います

戦闘終盤になると

”ガービンジェット”というジェット機や宇宙船「ダイレオン」が変形した「超惑星戦闘巨人ダイレオン」を操縦して戦います

 

巨獣特捜ジャスピオンの魅力

  • アンドロイドの「アンリ」や巨獣探査能力のある「ミーヤ」など個性的なキャラクター
  • 特撮ならではの合成がふんだんに盛り込まれており、迫力のあるシーンが満載
  • ジャスピオンのアクロバットな戦闘シーン
  • 様々なメカニックを使った戦闘シーン
  • 超惑星戦闘母艦「ダイレオン」に乗って、様々な惑星を飛び回るので色々な星人を見ることができる
  • 毎回、様々な星人、巨獣、珍獣などのキャラクターを見ることができる

 

 

ブラジルで大人気のジャスピオン

1日2回放送

ブラジルは学校の授業を朝コースか夜コースか選べるのですが、あまりのジャスピオン人気のためどちらのコースであっても見れるように、1日に朝と夜の1回づつ放送されていました。

最高視聴率を記録

1988年当時、ジャスピオンが放送されると、当時の最高視聴率を記録しました。

子供に命名

子供に「ジャスピオン」という名前をつける親が続出しました。(1年でおよそ60名)

ブラジルで一番有名な日本人

ブラジルで最も有名な日本人は主人公ジャスピオンを演じる「黒崎輝」です。ちなみに2位は本田圭佑、3位は三浦知良と続きます。

新作が映画化

ブラジル版ジャスピオンが2019年1月に映画化されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加