オススメの健康食品イミダペプチド!成分や効果、副作用まで紹介!

オススメの健康食品イミダペプチド!成分や効果、副作用まで紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメの健康食品イミダペプチドの成分や効果、副作用まで紹介します。精神疲労のメカニズムや自律神経が乱れる仕組みまでも説明し、最後に日本予防医薬のイミダペプチドのサプリをおすすめしています。

 

精神疲労が溜まると悪いことたくさん

夜遅くまで仕事や付き合いの飲み会で疲れているのに毎朝早く起きて出社なんていう毎日を繰り返していると、疲労が蓄積されて”慢性疲労”の状態になります。この状態になると、”集中力が続かない”、”日中でも眠い”、”ダルい”、”吐き気・気持ち悪い”、”気分が優れない”、”めまい・頭痛”、”食欲減退”などの症状に悩まされることになります。そして、この先には過労死や突然死が待ち受けているのです。

精神疲労の原因

そもそも疲労とはなんでしょうか。これは、肉体的な疲労は筋肉を動かすことで細胞が破壊され、その結果”痛み”として表れます。精神的な疲労は、ストレスに対して自律神経が正常な状態に戻そうと働きますが、これを頑張り過ぎると、自律神経が正常に働かなくなり、様々な症状が生じるのです。

自律神経の役割

自律神経は、呼吸や体温調節、心拍、消化、発汗、血圧など体全体を正常に動作させる役割を担っています。

自律神経の種類

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」の2種類あります。交感神経は車で例えるとアクセルのようなもので、体を活発にするための神経です。副交感神経はブレーキのようなもので体をリラックスさせて休めるための神経です。体内時計がきちんと働いていると、日中は交感神経が優位になり、夜になると副交感神経が優位になるといったサイクルを自然に切り替えながら回されていきます。

 

自律神経が正常に動作しなくなるメカニズム

自律神経の重要性については十分にご理解いただけたかと思います。では今度は、自律神経がなぜ正常に動かなくなるかについてもう少し詳しく見ていきます。

人間はストレスを感じると、自律神経が働いて正常な状態に戻そうと頑張ります。この時には体の中では”活性酸素”という物質が生まれます。この活性酸素は細胞を傷つける悪いやつで、自律神経を動かすための脳細胞を傷つけてしまいます。このようにして自律神経が正常に動作しなくなるのです。

 

イミダペプチドが疲れを癒す理由

イミダペプチドという成分は”疲れを癒す”効果があると言われています。なぜかというと、イミダペプチドは”活性酸素を分解して、自律神経を動かす細胞を活性化させる”という効果があるからなんです。

イミダペプチドが含まれる食品

  • マグロ
  • 鳥の胸肉 など

 

イミダペプチドのおすすめサプリ・ドリンク

ちなみに鶏むね肉で言えば、毎日100g以上継続的に摂取しないといけないので、ちょっと大変ですよね。そこで、簡単、お手軽にイミダペプチドを摂取することができるサプリ・ドリンクを紹介していきます。

 

日本予防医薬 イミダペプチド240 30ml×10本

参考価格:3141円

ドリンクタイプは、体への吸収が速いので即効性があります。そのため、仕事に行く前の朝に飲むのがおすすめです。イミダペプチドは継続して摂取することで効果が期待できるので、お休みの日でも飲むようにしてください。

 

日本予防医薬 イミダペプチド ソフトカプセル 84粒

参考価格:4300円

カプセルタイプは、吸収に時間がかかるので仕事終わりの夕方や夜に飲むことをおすすめしてます。一日4粒が目安です。

 

イミダペプチドの副作用

マグロや鳥の胸肉を食べても副作用が無いように、イミダペプチドという成分には副作用はありません。しかし、イミダペプチドをサプリ化・ドリンク化するのに保存料、着色料が使用されている場合には注意が必要です。上で挙げた日本予防医薬の製品には保存料、着色料が含まれていないのでおすすめです。