北海道苫小牧の地震はCCSが原因!?日本のCCSの場所はどこ?

北海道苫小牧の地震はCCSが原因!?日本のCCSの場所はどこ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道・苫小牧の地震はCCSが原因といった鳩山由紀夫のデマツイートが物議!CCSとは?から地震との因果関係、その他のCCSが引き起こしたと言われる地震、CCSで二酸化炭素の地中貯留がされた場所など紹介していきます。

 

北海道で大地震!

北海道の厚真町を震源地とする大地震が2019年2月21日に発生しました。最大震度は6にも及びました。

 

鳩山由紀夫がTwitterでデマ発信!?

内閣総理大臣を務めた経験もある鳩山由紀夫が「北海道 苫小牧の地震は、炭酸ガスの地中処理実験(CCS)によるもので、天災ではなく人災である」とTwitterで言い放ったことが物議を呼んでいます。

CCSとは

CCSは(カーボン ダイオキサイド キャプチャ アンド ストレージ)の頭文字をとったもので”二酸化炭素(炭酸ガス)を回収して貯めておく”ということを意味する言葉です。地球温暖化対策の切り札として期待されている技術です。

石油、石炭、天然ガスといった化石燃料を使ってエネルギーを生み出そうとするとどうしても大量のCO2(二酸化炭素)が発生してしまいます。すると今度は問題となるのは温暖化問題。地球温暖化は大気中の二酸化炭素が原因の1つと考えられているため、CCSによって二酸化炭素を回収して地中に貯めるということを行なっているのです。

 

CCSによって地震は起きる?

北海道大学の専門研究員によって「CCSによって地震が引き起こされる可能性がある」という論文を発表しています。またアメリカ学術研究会議やスタンフォード大学の研究チームでも「CCSは大きな地震を誘発する可能性がある」と指摘されています。しかし、CCSと地震との関連について科学的に実証はされているわけではありません。

 

鳩山由紀夫の発言が問題視されるわけ

しかし、こうした論文が発表されたことがあるだけで科学的な根拠として実証されているわけではないのにも関わらず、元首相という大きな影響力を持った人物が、「CCSによって地震が引き起こされた」と発言してしまったことで多くの国民に不安を与えてしまうことを問題視する声は強いです。

2013年にも問題発言

鳩山由紀夫 元首相は以前にも問題発言をしていました。それは2013年、沖縄県の尖閣諸島について「中国側から見れば(日本が)盗んだと思われても仕方がない。返すべきだと。」といった発言が問題視されました。

 

その他のCCSが引き起こしたと言われる地震

新潟県の長岡市で行われたCCSの実験の影響で以下の地震が引き起こされたと考える意見もあがっています。

  • 新潟中越地震(2004年)
  • 新潟中越沖地震(2007年)

また、秋田県湯沢市でのCCS実験によって以下の地震が引き起こされたと考える意見も

  • 岩手・宮城内陸地震(2008年)

さらに、福島県いわき市でもCCSが使われていたので以下の地震もCCSが原因なのではという噂もあります。

  • 東北地方太平洋沖地震(2011年)

 

CCSで二酸化炭素の地中貯留がされた場所

  • 新潟県長岡市
  • 北海道苫小牧沖
  • 福島県勿来・いわき沖
  • 福岡県北九州