ドゲルバン病の原因と症状を理解する

ドゲルバン病の原因と症状を理解する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドゲルバン病のイメージ

元AKB兼アレクのお嫁さんである川崎希が発症したドゲルバン病。初めて聞いたという方も多いと思うので、その原因と症状を紹介します。

 

ドゲルバン病とは

ドゲルバン病とは、腱鞘炎(けんしょうえん)の一種です。そのため、まず腱鞘炎とは何かから紹介しますね。

腱鞘炎とは

人間の指は、「腱(けん)」と呼ばれるヒモのようなものを筋肉で動かすことで曲げたり伸ばしたりしています。また、この腱と筋肉が連動するためにくっつける役割を持っているのが「腱鞘(けんしょう)」です。指を過度に伸び縮みさせていると、この腱と腱鞘がこすれ、炎症してしまうのが腱鞘炎です。

では、本題のドゲルバン病とは

ドゲルバン病は、親指の付け根から手首にかけての部分で発症した腱鞘炎のことを言います。

 

ドゲルバン病の症状

指を動かすたびに、痛みが生じます。

 

ドゲルバン病の原因

特に親指の酷使(使いすぎ)によって発症します。特に、妊娠中や産後の女性が多くかかってしまうようで、これはホルモンのバランスが変化したことにより、腱や腱鞘がダメージを受けやすくなり、この状態で育児や家事などで負担をかけてしまうことで起こります。

 

ドゲルバン病の予防

ホルモンバランスの崩れが原因なので、その崩れを最小限に抑えるにはどうしたらいいでしょうか。

  1. 喫煙や飲酒を控えましょう。栄養をバランスよく摂りましょう。特に野菜中心で、できるだけ品数を多くし、豆腐や納豆で大豆イソフラボンを摂るようにする。
  2. ストレスを解消しましょう。歌を唄ったり、短い距離でも外へ出て散歩などをする。
  3. スマホなど片方の手だけで操作せず、意識的に別の手に持ち替えるようにする。

 

腱鞘炎になった有名人

  • XJAPANのYOSHIKI(アーティスト)
  • 和田アキ子(歌手)
  • 中川翔子(タレント?)
  • 丸川トモヒロ(漫画家)
  • イングヴェイ・マルムスティーン(ギタリスト)
  • 島紀史(ギタリスト)
  • 紺野あさ美(アナウンサー)
  • 矢沢心(タレント)

やはり、手に多大な負荷がかかりそうな方だったり、ママさんが多い気がしますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加