デブ菌って嘘!?世界一受けたい授業で紹介されたその正体

デブ菌って嘘!?世界一受けたい授業で紹介されたその正体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイエットのイメージ

世界一受けたい授業で紹介されたデブ菌。ダイエットしても痩せないのはデブ菌のせい!?デブ菌を増やす意外な食べ物や、痩せ菌の増やし方をご紹介します。

 

デブ菌の正体

デブ菌とは、腸の中にいる「ファーミキューテス」という細菌のことです。

デブ菌研究の最前線

人間の腸内にこれらの細菌がどれだけいるかで、太っているのか、痩せているのかが決まると現在研究者の間で考えられています。具体的には、腸内には「ファーミキューテス」の他に「バクテロイデス」という細菌もいるのですが、ファーミキューテスの割合がバクテロイデスより多い場合は太りやすく、ファーミキューテスの割合がバクテロイデスより少ない場合は痩せやすいということです。

ファーミキューテス > バクテロイデス = デブ

ファーミキューテス < バクテロイデス = 痩せ

実際に行われたマウスを用いた実験では、単純に腸内の細菌の数を変化させることで大幅に体重を変化させたという結果もあります。肥満治療の新しい方法として期待されている分野です。

 

ファーミキューテスの役割

では、デブ菌の1つである「ファーミキューテス」はどういった役割を果たしているのでしょうか。ファーミキューテスは、腸内において摂取した食べ物からエネルギーに変換したり脂肪に変換してエネルギーの貯蔵を行っています。同じ食べ物を食べたとしても、ファーミキューテスをバクテロイデスより多く持っている人は多くのエネルギーを消費することになります(太る)。反対に、バクテロイデスをファーミキューテスより多く持っている人はエネルギーを摂取を抑えることになります(痩せる)。

 

デブ菌と痩せ菌

このため、ファーミキューテスは、デブ菌。バクテロイデスは、痩せ菌と呼ばれています。

 

ファーミキューテスとバクテロイデスの比率をコントロールするには

ファーミキューテス(デブ菌)を増やしてしまう食べ物

高脂肪食は、ファーミキューテス(痩せ菌)を増加させ、体重増加につながります。

くるみ、ピスタチオ、アーモンド、ごま、落花生、

牛肉、豚肉のばら、脂身部分、鶏肉の皮部分、

生クリーム、チーズ、アイスクリーム、

ポテトチップス、チョコレート、ビスケット、ケーキ、ココアなど

 

バクテロイデス(痩せ菌)を増やす食べ物

バクテロイデスを増やす食べ物はありません。運動を行い、規則正しい生活を送る(決まった時間に起きて、食べて、寝る)ことがバクテロイデスを減らさない唯一の方法です。まずは、バクテロイデスを減らさないようにし、以下の食品の摂取量を増やしてバクテロイデスを育てましょう。

らっきょう、納豆

ヨーグルト、ケフィア、ザウアークラウト(キャベツの漬物)、味噌などの発酵食品

 

適度な運動や規則正しい生活、十分な睡眠を大前提に、食事管理によってデブ菌を増やさないようにし、痩せ菌を育てて、健康的なダイエットを行いましょう。確かに、効果がでるまで時間がかかってモチベーションの維持が難しいですが、体への負荷が少なくとても健全なダイエット方法なので、1日1つの我慢から始めて、我慢の数をだんだん増やしていきましょう!!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加