ノーベル賞受賞の本庶佑のクラススイッチ・オプジーボとは?

ノーベル賞受賞の本庶佑のクラススイッチ・オプジーボとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年、京都大学特別教授の本庶佑氏がノーベル医学・生理学賞を受賞しました。本庶佑はどんな人物なのか、クラススイッチ現象やリンパ球、オプジーボなどについて紹介していきます。

 

特別教授とは

大学などで特定の分野において顕著な功績を残した教授に対して与えられる称号です。特別教授という肩書きの人を見たら、教授の中でも特にすごい人なんだと認識しましょう。

 

本庶佑とは

ほんじょ たすく と読みます。免疫学の世界的な権威を持つ方で、体内に入ってきた細菌やウイルスなどを排除するために起こる「クラススイッチ現象」の解明や、ガン細胞と戦うリンパ球で免疫にブレーキをかけてしまうタンパク質を発見するなどの功績が認められ、2018年ノーベル医学・生理学賞を受賞しました。

クラススイッチ現象とは

人体に悪さをする細菌やウイルスなどを排除するため、リンパ球で遺伝子の組み合わせが変わる現象のこと。

リンパ球とは

白血球の成分の1つで、ウイルスや細菌などの異物に対して攻撃をする役割があります。リンパ球には「NK細胞」「T細胞」「B細胞」の3種類があります。

 

すでに皮膚ガンや肺ガンで実証!

また、免疫にブレーキをかけてしまうタンパク質を発見したことで、ガン細胞と発見したタンパク質が結合してしまうことを防ぐ薬「オプジーボ」が開発されました。これによってすでに皮膚ガンや肺ガンで効果があることが実証されています。

 

日本人とノーベル賞

2年ぶり、26人目の快挙

日本人がノーベル賞を受賞したのは、本庶佑氏で26人目となりました。また、2年ぶりの日本人のノーベル賞受賞となりました。