カナダで大麻(マリファナ)が合法化!なぜ?その理由を紹介

カナダで大麻(マリファナ)が合法化!なぜ?その理由を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本では信じられない!カナダで2018年10月に大麻(マリファナ)が合法化されます。どんな流れで合法化にまで至ったのかその背景と、なぜ合法化するのか?国の狙いは何なのか?紹介していきます。

 

カナダで大麻(マリファナ)の使用が合法化

2018年10月17日、カナダで主要国初となる法案が成立することになります。それは、嗜好品として大麻(マリファナ)の使用が合法化されるということです。つまり、タバコのように大麻を嗜好品として吸っていても、罰金や懲役などの刑罰に問われることはないということです。

 

大麻の市場規模

大麻の市場規模は、2017年時には非合法ながらも4500億円といわれています。これは日本でいうと「宝くじ」「文具・事務用品」「アイスクリーム」などの市場規模と同等で、「カラオケ」(およそ4000億円)の市場規模より大きな市場なのです。

 

大麻(マリファナ)の使用が合法化された理由と狙い

まず、前提として長らくカナダでは非合法ながらも警察もそれを黙認していることが多かったため大麻が広く普及していました。そして暴力団系組織が大麻の元締めをしていることが多いため、大麻の普及による莫大利益は暴力団系組織に入っていました。

「大麻がすでに広く普及してしまった現状」そして「覚せい剤ほどの人体への悪影響がないということ」を考慮し、「暴力団系組織への資金流入を断つため」に大麻の合法化に踏み切ることで国の税収を上げようという狙いで大麻の合法化に至ったのです。トルドー首相は、2015年の選挙時の公約として「大麻の合法化」を掲げ当選し、2018年にこの大麻合法化の法案を成立させる見通しがたったということです。

 

大麻がどのように取引されるようになるのか

まずライセンスを持っていないと大麻を販売することはできません。その他は州によってその販売方法、取引方法は異なります。たとえば、アルバータ州では民間の200以上もの小売業者によって販売が行われますが、オンタリオ州ではおよそ40ほどの国営の店舗によって販売されることになります。

 

大麻のパッケージ

「間違って購入してしまうことがないようなパッケージ」にすること、「誰が製造したのか」「マリファナの種類」、効用として「気持ちを落ち着かせるのか、高揚させるのか」を明記するようなパッケージになると考えられています。

 

大麻の持ち運びの制限

合法化といえど制限はあります。一度に持ち運べる大麻の量は30gとされます。これは一度に購入できる上限の量も30gであるということにもなりますね。もし30gを超える量の大麻を所持していたら最高5年の懲役刑が課されます。

 

カナダ、大麻合法化の今後

きちんと当初の狙い通り、国の税収アップにつなげていくことができるかがポイントになってきます。違法業者とは取引しないよう周知徹底し、違法業者を撲滅していく必要があるでしょう。日本では信じられないニュースではありますが、今後グローバル化がさらに進んでいった先では必ずしもありえないことではないですね。