アヴィーチ(Avicii)の死因が判明

アヴィーチ(Avicii)の死因が判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年4月20日、突然の訃報で全世界に悲しみと最高の音楽体験を与えたアヴィーチ(Avicii)。その死因が発表されたのでこちらの記事で紹介していきます。

 

死因

2018年4月20日にこの世を去ったアヴィーチ(Avicii)。その死因、”自殺”でした。割れたワインボトルの破片を使って、自らを切りつけ大量の出血のためお亡くなりになりました。

 

過度の飲酒による病に長い間悩まされていた

アヴィーチ(Avicii)は、過度の飲酒によって急性膵炎(すいえん)などの病に苦しみ、2014年には胆嚢(たんのう)、虫垂(ちゅうすい)を手術によって取り除いていました。また、アルコールによる入院も2度あったともいわれています。

 

アヴィーチ(Avicii)の家族の声

「ティム(アヴィーチの本名)は、常に何を追い求め、繊細な魂で、目の前に存在する疑問に対する答えを追い求めていました。人生や幸せの意味について考えることに苦しんでいました。彼はもう答えを見つけることはできません。平穏を見つけたかったのに。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加