アヴィーチ(avicii)人気曲ランキング 歌詞の深さに注目

アヴィーチ(avicii)人気曲ランキング 歌詞の深さに注目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アヴィーチ(avicii)人気曲ランキングを、EDMならではのメロディに織り交ぜた深く素敵な歌詞と共に紹介しています。

 

アヴィーチ人気曲ランキング 

1.Wake Me Up

2013年9月にリリースされたアヴィーチのファーストアルバム「True」に入っている世界的に大ヒットした曲。この曲には以下のような歌詞がある。

Life’s a game made for everyone And love is a prize
人生はみんなに作られたゲームで、愛はその勲章である

歌詞全体としては哲学的で、人生を抽象化、俯瞰したような歌詞が紡がれているがその中でもこの歌詞には強い感銘を受けた。無償の愛という言葉があるけど、人生というゲームできちんとレベルアップし課題を解決(クリア)していかないと誰か他人から評価されず愛を受けることはできない。

 

2.Levels

2011年に発表されたダンスミュージック。15もの国々でトップ10に入るほどのヒットを記録。なぜこの曲は「Levels」というタイトルなのか考えたことある人も多いのではないでしょうか。これは、Levels、つまり段階的に音が上がっていく、そんな仕組みの曲になっているからなのです。1つの音が上がり始めたら、別の音はフェードアウトし、さらに別の音が段階的に出てくる。そんな仕組み、構成の楽曲になっているのです。

 

3.You Make Me

アッシュ・ポアノーリ(Ash Pournouri)と共に生み出した楽曲。Wake Me Upを抜いて、イギリスのダンスミュージックチャートで1位になりました。

We are one
僕たちは1つさ

この歌詞に集約されます。恋愛はよく、お互いの欠けた部分を埋める行為と言われます。人は誰しも、不完全で”1”になれない存在。できないこと、足りないもの、をお互いに補い合うために誰かを求め、こうして始めて人は”1”になれるのです。”1”になれば他に必要なものは何もなくなる、そんな君を僕は今までずっと待っていた。そんな強い愛を抽象的な歌詞で紡がれた作品です。

 

4.Hey Brother

ダン・ティミンスキー(Dan Tyminski)がボーカルを務めた楽曲。恋愛というより友情を感じる歌詞に注目です。

Oh! If the sky comes falling down for you
もしお前に空が落ちてくるなんてことがあったら

There’s nothing in this world I wouldn’t do
おれにやらないことなんてない(おれはなんだってやる)

性別を超えた愛情に満ちた元気ができる楽曲です。

 

5.Waiting For Love

EDMミュージシャンであるマーティン・ギャリックス(Martin Garrix)と作った楽曲。セカンドアルバム「Stories」に入っています。

if there’s love in this life, there’s no obstacle
人生に愛があれば、どんな障害だって乗り越えられる

愛があればどんなことでも乗り越えられる。だから、愛を待っている。ダメになりそうなとき、気持ちが折れそうなときにでも愛があれば解決していける。そんな歌詞の楽曲になっています。

 

6.The Nights

ニコラス・ファーロング (Nicholas Furlong)がボーカルを務める楽曲で、デジタル配信限定ソングとしてリリースされました。イギリスのシングルランキングで6位、ダンスチャートでは1位を記録しました。

He said, one day you’ll leave this world behind
彼は言った、お前もいつかこの世から旅立つ日が来る、と

So live a life you will remember
だから、思い出すような人生を生きろ(生きててよかったと思える人生にしろ)

子供の頃に父親に言われた言葉を楽曲にした作品。あれはダメ、これはダメといった具体度の高い小言ではなく、”人生を無駄にするな”というすべてを包括するような抽象度の高い言葉に、父親からの願い、愛情、深み、威厳、知性を感じる。そんな楽曲。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加