悪用厳禁のイタズラ!airdropで卑猥画像を電車で送る手口とは

悪用厳禁のイタズラ!airdropで卑猥画像を電車で送る手口とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、スマートフォンのairdropという機能を悪用して電車などの公共の場で卑猥な画像を送りつける”エアドロップ痴漢”というイタズラが横行しています。airdropの仕組みや使い方を知り被害者にならないように注意するのと、知らぬ間に他人に送りつける加害者にもならないようにしましょう。

 

airdropとは

iPhoneやiPodなどのapple社製品のモバイル端末でデータの受け渡しをすることができる機能です。連絡先や画像を手軽に送り合うことができる機能で、一昔前でいうと”赤外線”で連絡先を交換していましたが、ちょうどそれに当たる機能と言えるでしょう。

android端末では使えない

android系のスマートフォンやタブレットではairdropという機能はありませんが、「Android Beam」という同じような機能が搭載されています。

インターネットに接続されてなくてOK

airdropやAndroid Beamは、なんとインターネットに接続されていない環境でも、データの交換をすることができます。

 

airdropの使い方

iPhoneの画面下部を上に向かって指を滑らせる(スワイプ)と以下のような画面が表示されます。

そしてAirDropをタッチします。

AirDropが見当たらない人は、以下のような画面ではないでしょうか。

以下の赤枠部分を長押ししましょう。

するとAirDropが出てきますので、タッチします。

AidDropをタッチすると、「受信しない」「連絡先のみ」「すべての人(全員)」と表示されます。これは要は、”誰とデータのやり取りをするか”の制限する設定です。

  • 受信しない:AirDrop機能を使わないという設定で、送信も受信もできません。
  • 連絡先のみ:”連絡先に登録されている人”とだけデータの受信・送信ができます。知らない人からの受信はシャットアウトできます。
  • すべての人(全員):連絡先に入っているかとは関係なく、すべての人とのデータの送信・受信ができます。

 

送信方法

送りたいデータを選択して、共有ボタンを押します。

AirDropの機能がONになっていると、周辺にいる候補者が一覧で表示されるので、送信先をタップします。これでデータの送信ができちゃいます。簡単ですよね。

 

AirDropでのデータ受信

データを受信すると、以下のような画面になります。「受け入れる」を押す前にプレビューとしてどんな画像が送られてきたのかが見れてしまうために、卑猥な画像を送りつけて反応を楽しむ変態が喜んじゃうわけですね。

 

名前の変更方法

AirDropの送信先の候補に表示される”名前”を変更するには、

設定 > 一般 > 情報 > 名前」 から変更することができます。

 

最後に

AirDrop痴漢の被害者にならないためには、上記の設定を確認し、使わないときには「受信しない」に設定しておく。最低でも「連絡先のみ」に設定しておくだけでも被害者にならないで済むのです。また、被害者になるのはやはり女性が中心となっていますので明らかに女性と分かるような名前にはしないというのも有効です。