5G通信回線で世の中がどう変わるのか?スマホ・ネット

5G通信回線で世の中がどう変わるのか?スマホ・ネット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホやタブレットなどの携帯端末、パソコンでのインターネットで使う新しい通信回線の誕生です。5G通信回線で世の中がどう変わるのか、空間(3D、三次元)、自動運転、リアルタイム性などのキーワードから変わる未来を紹介します。

 

5Gとは

Gとはgeneration、つまり「世代」という英語の頭文字です。これまでいくつもの改変・改良が通信回線に加えられており、5Gは”第5世代の通信”を意味する言葉になります。

これまでの通信回線

1980年代に始まった1G以降、2G⇨3G⇨LT⇨4Gと通信規格は進化しています。

5Gはいつから導入されるの?

世界各国で、2019〜2020年の間に使用が開始される予定です。日本では2019年の導入予定です。

5Gの特徴

5G回線では、”より速く”、”たくさんのデータ量”を、”よりスムーズ”に通信できるようになります。4G回線の通信速度と比較すると、スピードは50〜100倍、容量は1000倍にもなると言われ、スマホで「より高画質な動画」をストレスなく見ることができるようになるのです。動画に限らず、インターネットと物を繋ぐIoTなどの普及が加速し、様々な領域での活躍が期待されています。また現状の通信回線・デバイスでは限界のある3Dデータの共有も可能になっていきます。

 

5Gが可能にする4つのキーワード

  • 空間伝送
    3次元情報は情報量が多すぎてこれまでの通信回線では共有するには重いし、共有しようとすると画質が低くしないといけないという課題がありました。しかし、5Gでは膨大な情報量をもつ3次元情報をも遅延なく共有できると考えられています。

  • 自動運転
    3次元の空間情報を速く、遅延なく共有できると自動運転技術の進化を強力にバックアップすることになります。車の状態や車を取り巻く環境の全てを高速で共有することができるからです。
  • 空間連携
    空間を誰かに送るだけじゃなく、空間に入りこんで、何かアクションするといったことも可能になるでしょう。会議室に行かずとも、バーチャルな会議室の中へ、自分の姿を転送し、さらに話すことはもちろん、バーチャルなホワイトボードに書き込むなんてことも実現されていくでしょう。

  • リアルタイム性
    5Gの特徴として圧倒的なリアルタイム性があります。どういうことかというと、タブレットやスマホなどで指でタッチして線を書くなんてことをした人はいるでしょうか。現状ではあの処理にも遅延が発生しています。この処理には、指でタッチする⇨センサーが指のタッチを検知する⇨検知した所に点を表示するプログラムが実行される⇨ディスプレイに点が表示される=点が繋がり線に見えるといったことなどが行われていますが、これらの処理にまだ時間がかかり、少し指の動きの後に線が書かれていく感覚になります。まだまだ遅延があるからです。しかし、実際に鉛筆を持って紙に線を書いたとき、鉛筆が動いた後をついていくように線は書かれてはいかないですよね。遅延がないからです。5Gではほとんどの遅延が生まれないため、線を書く処理を例にすれば紙に書くくらいの感覚で処理が行えるようになります。

 

5Gが変えるもの

スマートホン

現在のスマホはあくまで2次元的なデータ(2D)を共有することしか想定されていないデバイスです。画像をカメラで撮ってそれを友達に送ってなんて具合にですね。しかし、5G回線となると、画像や動画データだけでは5Gの力を持て余すことになってしまいます。そのため、もっと情報量の多い3次元的なデータ(3D)の共有を行うようになると言われています。3Dデータを共有しやすいデバイスにスマホが形を変えるのか、はたまた全く異なるデバイスが登場するのかとどちらかの方向に進んでいくことになるでしょう。

 

あらゆるデバイス

通信処理が速く、遅延も生まれず、大容量でもOKならば、デバイスそれぞれで処理を行う必要がなくなります。処理すらサーバー側でやってしまえばいいわけですから。処理結果だけをデバイスに送信すればいいのです。こうなると、修正があるたびにアプリを更新。再インストールするなんてこともなくなります。処理に負荷がかかって、デバイスが熱くなったりすることもなくなるでしょう。パソコンに関しても処理するための性能なんて不要で、処理のリクエストと処理結果を受け取って、ディスプレイに表示するための性能に特化すればOKということにもなるでしょう。

 

遠隔操作

速く、たくさんの情報を、遅延なく通信できるので、手術なども遠隔操作できると言われています。手術は緻密(大量の情報)な医者の手の動きをズレなく(速く、遅延なく)遠隔で再現できるかにかかっています。5Gならこれをも可能にすると言われています。他にも遠隔運転なんてこと可能になるでしょう。

 

仮想空間化

空間の共有が容易になると、あらゆるものがヴァーチャル化されていきます。お店がバーチャル化されていくことはもちろん、ヴァーチャルな街も生まれてくるかもしれません。ヴァーチャル上でヴァーチャルなものを共有するなんてことも出てくるでしょう。