2022年4月から18歳へ成人年齢引き下げで何が変わる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年4月から18歳に成人年齢が引き下げられることになりました。成人式はどうなるの?飲酒は?少年法は?など海外の成人年齢事情を交えて紹介していきます。

 

そもそも成人とは?

心身ともに十分に成熟した年齢のこと。成人になることで、社会的にも法律的にも”大人”として扱われるようになります。日本の法律では2018年現在満20歳以上の年齢の人が成人にあたります。

 

海外では成人は何歳?

日本では満20歳以上の年齢から成人となりますが、海外では満18歳から成人という法律になっていることが多いです。

  • アルゼンチン:21歳から成人
  • エジプト:21歳から成人
  • イギリス:18歳から成人
  • アメリカ:州ごとに異なる
  • イタリア:18歳から成人
  • 中国:18歳から成人
  • ブラジル:18歳から成人
  • フランス:18歳から成人
  • ロシア:18歳から成人
  • ネパール:16歳から成人
  • プエルトリコ:14歳から成人

 

法律改正により2022年4月から18歳で成人へ

改正民法が成立して、成人の年齢が20歳から18歳へ下がることが決定しました。

 

成人式はどうなるの?

成人年齢の引き下げによって成人式はどうなるのかは議論の最中で、以下2つの候補があります。

  • 2022年度の成人式(2023年1月9日の月曜日に行われる)では、18~20歳の年齢の若者がまとめて成人式に参加し、以降18歳のときに成人式に参加する。
  • 法律的には18歳で成人となるが、成人式は20歳で参加する。

2019年末までにはどうしていくのか確定するとしています。

 

お酒が飲める年齢も18歳から?

お酒が飲める年齢はこれまで通り、20歳です。今回の法改正によって飲酒可能年齢まで18歳に引き下がることはありませんので注意してください。つまり、2022年4月以降は、成人だけど18歳、19歳なのでお酒は飲むことができない人が出てくるということです。従来通りお酒が飲めない年齢の者に、お酒を飲ませた者は法的責任を問われます。

飲酒の他、喫煙やギャンブル(競馬の馬券やモーターボートの舟券)なども20歳からのままで変更ありません。

 

犯罪を犯した場合

犯罪を犯した時に未成年の場合、実名報道を禁止している少年法61条が適用されるため、「少年A」「少女A」といったように匿名で報道されることになります。これまでは20歳未満であれば実名報道されませんでしたが、2022年4月以降は18歳、19歳でも実名報道されるということになります。

 

成人年齢引き下げによって18歳でできるようになること

  • 選挙に投票することができる(2016年~)
  • 10年間有効のパスポートを取得することができる
  • 性同一性障害の人が家庭裁判所に対して性別変更の審判を請求することができる
  • 社会福祉主事資格を取得することができる
  • ローンが組めるようになる
  • クレジットカードの契約ができるようになる

*男女で結婚できる年齢が一緒になります(女性の結婚年齢が16歳から18歳へ引上げ)

 

なぜ成人年齢を引き下げるの?

表向きには、社会に参加する年齢を引き下げることで「政治により関心を持ってもらいたい」、「社会的責任、経済的責任を持ってもらいたい」とのこと。裏では、消費・税収・労働人口を増やすという狙いがあると考えられています。

 

最後に

ドイツやイギリスもかつては成人年齢は21歳でしたが、後で18歳に引き下げられたという経緯があります。これは未成年世代による学生運動が盛んでこれを鎮めるために、成人年齢を引き下げ選挙権を与えて政治に参加させるということが理由でした。日本では特に未成年世代による政治的不満が爆発し運動化するということも起こっていないということを考えると、ドイツやイギリスの時とはまた異なる理由であることは明確ですが、今後成人年齢引き下げに付随する法改正などの動きが起こってくることが予想されますので、注意して見ていく必要がありますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加