2018年 6月 の投稿一覧

2018年 6月 の投稿一覧の記事一覧

カンヌ映画祭最高賞パルムドール受賞!是枝監督の万引き家族 観客動員数100万人・興行収入12億円突破

万引き家族が観客動員数100万人・興行収入12億円突破!「誰も知らない」「そして父になる」「海街diary」「三度目の殺人」など人気映画の生み出した是枝裕和監督ですが、またも快挙達成!カンヌ映画祭で最高賞となるパルムドール賞受賞の作品を生み出しました!そもそもカンヌ映画祭とは?から歴代の日本作品での受賞歴、パルムドール映画「万引き家族」について紹介していきます。

 

カンヌ映画祭とは?

フランスの都市カンヌで開催される最も有名で権威ある国際映画祭の1つ。世界3大映画祭の1つで、カンヌの他には「ベルリン国際映画祭」「ベネツィア国際映画祭」があります。

 

なんのために開催されているの?

カンヌ映画祭を含む国際映画祭は、”映画を売買する場”となります。イベント開催中は会場各所で映画が上映され、映画のプレゼンが行われたり、映画制作会社やスタッフ、キャスト、映画配給会社の交流パーティーなどが開かれています。完成した映画はもちろんのことですが、製作中の映画や企画段階のものまで売り込みがかけられています。

映画制作側にとっては絶好のプロモーションの場ですし、映画バイヤー側にとってはヒットしそうな映画を効率的に買い取ることができる場となるわけです。

 

カンヌ映画祭で用意された賞

その他、特別賞などもありますが代表的な賞は以下のものになります。

  • パルム・ドール(最高賞)
  • グランプリ(最高賞に次ぐ賞)
  • 監督賞
  • 男優賞
  • 女優賞
  • 脚本賞
  • 審査員賞

 

カンヌ映画祭での日本人受賞歴

  • 2018年 万引き家族(監督 是枝裕和):パルム・ドール(最高賞)受賞
  • 2013年 そして父になる(監督 是枝裕和):審査員賞
  • 2004年 柳楽優弥(作品 誰も知らない):男優賞
  • 1987年 親鸞・白い道(監督 三國連太郎):審査員賞
  • 1983年 楢山節考(監督 今村昌平):パルム・ドール(最高賞)受賞
  • 1980年 影武者(監督 黒澤明):パルム・ドール(最高賞)受賞
  • 1978年 大島渚(作品 愛の亡霊):監督賞

 

2018年 カンヌ映画祭に日本から2作品ノミネート

21作品ノミネートのうち、2作品が日本の作品となりました。

  • 是枝裕和監督の「万引き家族」
    リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、池松壮亮、城桧吏、樹木希林が主要キャスト。どこにでもいそうな家族だけどお金がなく万引きをして毎日を暮らしていた。そんな家族の前にある女の子が現れる。女の子が直面する苦難を知り面倒を見ていくことになります。貧乏で万引きもするけど、家族の暖かさが感じられる作品。予期せぬ事件がある秘密を明らかにするまでは、、、
  • 浜口竜介監督の「寝ても覚めても」
    東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉が主要キャスト。2年前にふらり姿を消した恋人が目の前に現れる。しかし、名前も年齢も体格も違っていた、、、

*村上春樹の小説「納屋を焼く」が原作の映画「バーニング」(監督 イ・チャンドン 韓国)もノミネートされています。

 

結果

「万引き家族」がカンヌ映画祭最高賞となるパルム・ドール賞を受賞!

「寝ても覚めても」は惜しくも受賞ならず!

「バーニング」(村上春樹 原作)も受賞ならず!

 

日本ではいつ見れるの?

劇場公開日

「万引き家族」:2018/6/8(金)公開

「寝ても覚めても」:2018/09/01(土) 公開

「バーニング」:日本公開 未定

 

万引き家族 動員100万人突破の大ヒット!

2018/6/14、「万引き家族」の観客動員数が100万人、興行収入が12億円を突破したことが発表されました。