2018年9月20日!安倍VS石破の自民党総裁選挙の予想・解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

来たる2018年9月20日に安倍VS石破の自民党総裁選挙が実施されます。そもそも総裁選挙とは?からその仕組み、投票方法、予想・解説を行なっていきます。

 

自民党総裁選挙とは?

自民党のトップを決めるための選挙のことです。自民党は現在(2018年9月)、与党第1党であるため、自民党総裁=首相(内閣総理大臣)となります。

2018年9月20日投開票を予定している自民党総裁選挙では、安倍晋三首相と石破茂・元自民党幹事長の一騎打ちになると考えられています。

 

自民党総裁選挙はどんなときに行われるの?

自民党総裁の人気は3年です。そのため、長くて3年ごとに自民党総裁選挙が行われますし、任期の途中で辞任すれば3年以内に自民党総裁選挙が行われることになります。

 

自民党総裁選挙に立候補するには?

自民党国会議員から20名以上の推薦が必要です。これが集まらないとそもそも出馬することができません。

 

自民党総裁選挙の投票の仕組み

我々、一般市民は投票権を持っていません。投票権を持っているのは「国会議員(自民党員)」と「地方議員(自民党員)」です。自民党総裁選挙においては、自民党に属する国会議員が「国会議員票」を1票づつ持っています。また、各都道府県にいる自民党員が、国会議員票と同じ数だけの「地方議員票」を持っています。

今回は、自民党に属する国会議員は407人いるので、国会議員票は407票あります。また、これと同じ数だけ地方議員票があるので、地方議員票も407票。合計814票を、自民党総裁をかけて票の取り合いが行われるのです。

決選投票というルール

自民党総裁選挙で1位になった人でも、過半数の票を獲得できていない場合(今回の場合は407票)には、「決選投票」というルールが適用されます。これは、自民党総裁選挙の1位と2位だけでもう一度、選挙が行うというもので、国会議員票だけで争われます。

 

安倍VS石破

安倍首相はすでに国会議員票の過半数を確保していると言われており、石破元幹事長は地方議員票集めに奮闘していると言われています。

自民党総裁選挙予想

決選投票は地方議員票がなくなるので、決選投票までもつれてしまうと石破元幹事長はかなり分が悪いです。そのため、最初の自民党総裁選挙で勝ち切るしか石破元幹事長には手が無いのですが、現状では石破元幹事長の主な主張としては”安倍首相を叩くこと”であるため、安倍首相を上回るほどの得票数は見込めないでしょう。

予想では、決選投票までもつれることなく、安倍首相の完全勝利で終わるのではないでしょうか。